文字サイズ

何とか逃げ切りOP戦初勝利 九回1点差に迫られる

オープン戦初勝利を挙げ、首脳陣と握手を交わす阪神・矢野燿大監督(左端)=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)
オープン戦初勝利を挙げタッチを交わす阪神・矢野監督(左から3人目)ら阪神ナイン=ナゴヤドーム(撮影・立川洋一郎)
9回、阪神・北條史也が中前打を放ち、ベンチで両手を挙げる阪神・高山俊(中央)=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「オープン戦、中日4-5阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 新生・矢野阪神が、8試合目にして待望のオープン戦初勝利を飾った。

 12球団唯一の白星なしの6敗1分けで迎えた中日との一戦。両軍無得点で迎えた二回、福留の中越え二塁打と、オープン戦で初めて遊撃でスタメン出場したドラフト3位・木浪(ホンダ)の一塁内野安打で無死一、三塁とすると、高山の右前適時打で1点を先制。

 先発の藤浪は三回、2四死球などで2死一、三塁のピンチを招くと、遠藤の一ゴロをマルテがファンブルして同点とされた。

 四回はまたも福留、木浪の連続安打で無死一、二塁とすると、高山が中堅フェンスを直撃する勝ち越しの適時二塁打。五回には1死二、三塁から、木浪が3安打目となる2点右前適時打。

 藤浪は4回無安打4四死球の1失点(自責点0)。2番手の島本が2回無安打3奪三振の完全投球。七回に3番手・守屋が1死一、三塁から代打・渡辺に左犠飛を許して2点差に詰め寄られたが、九回1死一、三塁から糸原の内野ゴロの間に三走・北條が生還して再び3点リードとした。

 八回から登板した4番手・飯田が九回に代打・堂上の右犠飛と京田の左前適時打で1点差とされたが、ビシエドの三塁内野安打を挟んだ2死満塁のピンチで大島を左飛に仕留め、なんとか逃げ切った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス