文字サイズ

浜地 開幕1軍へ好投でアピール

ソフトバンク戦に先発し、力投する阪神・浜地真澄=ヤフオク(撮影・田中太一)
3枚

 「オープン戦、ソフトバンク-阪神」(2日、ヤフオクドーム)

 阪神先発の浜地真澄投手が3回を投げ3安打1失点で降板。開幕1軍へ向けて好投でアピールした。

 立ち上がりから安定感のある投球を披露した。初回2死走者なしから柳田を145キロの直球で中飛に打ち取るなど三者凡退。二回には、松田、グラシアルから連続空振り三振を奪った。

 最大のピンチは三回。先頭の甲斐に左前打、続く今宮には右翼線へ二塁打を放たれて無死二、三塁を背負った。続く牧原に中堅後方への犠飛を浴びて1失点。だが、後続の上林、柳田を抑えて最少失点で切り抜けた。

 開幕1軍入りへ狙う右腕。地元・福岡での凱旋登板で堂々の投球を見せつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス