文字サイズ

【矢野監督×新井氏対談2】もっと厳しい指導すると…解説者経験して変わった

 阪神・矢野燿大新監督(50)を、昨年限りで現役を終えたデイリースポーツ評論家・新井貴浩氏(42)が直撃した。敵味方として、チームメートとして戦ってきた2人。それぞれの経験を振り返りながら、熱い言葉を交わし合うことで確認した阪神の現在地。矢野阪神の目指す形が見えてきた。対談その2。

  ◇   ◇

 矢野監督(以下、矢野)「小さい頃の野球は楽しいことばかりやった。それが野球が仕事になってすごく重たくなって。いろんな世界のずば抜けた人は楽しんでるということを解説者時代に学んだ。新井も最後は楽しんだやろ?」

 新井氏(以下、新井)「全くないです(笑)。僕の中では、苦しいことがほとんどでした」

 矢野「オレも以前は高い給料をもらって、プロとして仕事をしているのに『野球を楽しむって何あまいこと言ってんねん』って思ってた。でも、ずば抜けた人は楽しんでる。笑顔って作り笑いでも、脳は笑ってると認識している。つまり自主性を持ってやる練習は楽しい。高いレベルで100本のスイングは苦しいんやけど、笑顔でやった方がうまくなると思うし。打席でもまさにそうで、1アウト満塁なら『ゲッツーになったらどうしよう』とか、チャンスやのに(気持ちが)ピンチになってしまう」

 新井「頼むから2アウトで回ってきて、って思ってました」

 矢野「そこで『よーし、打ったろう』と思えれば、打てばうれしいし、打てんでも次は打てるようにという練習に身が入る」

 新井「そういう指導もあって、表情が生き生きしているように感じたんですね」

 矢野「笑顔でやることで、たぶんファンもその選手を見てワクワクしたり、いいチームやなあと思ってくれるんじゃないかな」

 新井「なんかすごく意外というか…。(現役時代の)矢野監督を見ているので、もっと厳しい指導をすると思ってました」

 矢野「分かる分かる。オレ、変わったんよ(笑い)。解説者を経験して」

 新井「全く違うイメージですよ。矢野監督はそういう勉強をよくされてますよね」

 矢野「勉強は楽しいよ。もともとは体育の先生になりたかった。プロ野球選手になるのは遠い話で、頑張ったら体育の先生にはなれるかな、って思ってた。そういう意味で去年の2軍監督は、体育の先生のような感覚やったね」

 新井「そうなんですね」

 矢野「選手が落ち込んでたら、どういう声掛けをすればプラスになるか、とか野球以外のことを知ってたら役立つ。落ち込む時間を短くするために、そういう知識を持っておくと違うから。選手のいい顔を見られるのは楽しいもん」

 (矢野監督から話題を変えて)

 矢野「ところでなんで、広島って強いん?」

 新井「日本代表クラスのいい選手が多いのと、まとまりがある。ちゃんと『和』があるんじゃないですかね。各自がカープのためにという気持ちを持ってますね。あと優勝を重ねたことで、若いのに選手が野球を知ってる。『これをやったら負ける。流れが変わる』というところを、理解しているのはあると思います」

 矢野「確かに広島は行く時は一気に行くもんなあ」

 新井「ピンチを抑えてベンチに帰ると『よっしゃ、ここだ』って言っていました。自然と『これから何か起きるぞ』というテンションになりますよね。でも、阪神も楽しみですよ」

 矢野「オレはめちゃめちゃ楽しみ。若いピッチャーも野手もおるし。だから、かねもっちゃんがやってきて、(去年の)結果は最下位やったけど、チームは後退してないと思う」

 新井「確かに、大山くんを初めて見た時も『すごいいいのが入ってきたなあ』って思いましたよ」

 矢野「(4番を)与えることはしないけど、俺の中では大山を何とか4番にと思っている。広島もだけど、生え抜きが担うことで、安定したチーム作りができると思う。エース、4番、クローザーは競争で奪い取らんと。ファン心理を考えるとそう。姿勢とか、チームを引っ張っていくのが4番やから。だから打てんかった時の方が大事よ。アカン時に『コイツならしゃあない』と思ってもらえたら本物」

 新井「(鈴木)誠也も『中心を任されているので、練習からそういうところを意識しないとだめだと思っています』って言っていました」

 矢野「それがめちゃ大事よ。(広島の)菊池(涼)がまさにそうだと思うけど、『アイツが捕れんのなら無理やろう』ってみんなが思う。あかん時にそう思われるって絶大なる信頼やと思うんよ。(大山には)そこを求めて欲しいよな。そういう選手に育てたいし、やってくれるんじゃないかな」

 新井「(矢野監督が引退後の)ある時に『まだまだできる。頑張れ。オレはケガでだめになったけど、応援してるよ』と声を掛けてくれましたよね」

 矢野「オレのケガは言い訳やけど(笑い)。新井とは一緒にやって、あのへたくそが(その時点での通算安打が)1900なんぼまでいったんやから、目指さないのはもったいない。それで2000本を打って、MVPも取ったんやろ?すごいと思うよ。阪神を辞めてあんな人生があるとは新井自身、思ってなかったやろう?」

 新井「全く思わなかったです。自分でも『あの新井が』って思います」

 矢野「オレもこうやって指導者やったり偉そうに言ってるけど、30歳過ぎまでレギュラーにもなれんかった。かねもっちゃんも、荒木(雅博、元中日)も、へたくそやった。あ、オレだけ2000本打ってない?でも、だからこそ、若い選手に伝えられることがあると思う。かねもっちゃんなんか、引退の時に『もっと練習すればよかった』って言ってたけど、何言うてんねんと思ったけどね。十分やってあれだけの結果を残して、まだその言葉を出すか?ってビックリしたし、すごいと思ったよ」

 新井「そういう選手のためになる話を、たくさん伝えて欲しいと思います。今回はありがとうございました」

2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14
2022-07-13

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス