文字サイズ

掛布SEA 巨人の沖縄キャンプを視察 コイ4連覇阻止へ共闘呼び掛け

 「巨人春季キャンプ」(14日、那覇)

 阪神の掛布雅之SEA(63)が巨人の沖縄キャンプを視察。「広島の4連覇を阻止する1番手は阪神で2番手が巨人」と話し、今年のペナントレースを盛り上げるためにも原巨人に“共闘”を呼びかけた。

 宿敵のキャンプ地では、野手のフリー打撃などを中心に生チェックした掛布SEA。広島からFAで丸が新加入したことで「打線の厚みが当然、できるだろう」と想定。丸と坂本勇が2番か3番、大砲の岡本が4番に座る強力打線に要注意マークをつけた。

 現役時代は伝統の一戦でしのぎを削ってきた4番同士で、旧知の原監督とも談笑した。「いい緊張感があり懐かしく思います」と語ったが当然、勝負となれば話は別。掛布SEAは「ファンが喜ぶ戦いをしてもらいたい。セ・リーグを引っ張っていく2球団になってほしい」と老舗の阪神と巨人に期待した。

 それでも「(巨人は)強いチームだと思いますよ」と本音を口にし表情を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス