文字サイズ

「ウル虎の夏」阪神サードユニホーム発表 梅野「華やかで明るい感じ」

サードユニホームを身にまとう(左から)阪神・梅野隆太郎、阪神・糸原健斗=読谷村内のホテル(撮影・北村雅宏)
サードユニホームを身にまとう(左から)阪神・梅野隆太郎、糸原健斗=読谷村内のホテル(撮影・北村雅宏)
サードユニフォームを身にまとう(左から)阪神・梅野隆太郎、阪神・糸原健斗=読谷村内のホテル(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 阪神は31日、恒例となった夏イベント「ウル虎の夏2019」で着用するサードユニホームを発表した。梅野隆太郎捕手(27)ら選手が選んだユニホームで、チームカラーのイエローを基調としながら、全体に炎をまとわせたデザインとなっている。

 発表会に出席した梅野は「着心地がしっくりきている。デザインが華やかで明るい感じがして、1番これがいいなと思った」と率直な感想を話した。

 また、同じく発表会に登場した新主将の糸原は胸にキャプテンマークの「C」が刺しゅうされたユニホームを着用。「(キャプテンマークは)重いです。去年とやることは変わらないと思うので、去年同様に1年間、戦えるように頑張ります」と気持ちを高ぶらせた。

 「ウル虎の夏2019」の開催日は、7月23日から25日の対DeNA3連戦と、同月30日から8月1日の対中日3連戦の計6試合となっている。当日の入場者全員に、同じデザインのジャージーをプレゼントするサービスを行っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス