文字サイズ

ドラ6・湯浅が入寮 伊藤智仁氏プレゼントのラケット持参

虎風荘に向かう阪神・湯浅京己=鳴尾浜(撮影・北村雅宏)
富山サンダーバーズ時代の恩師・伊藤智仁氏から譲り受けたラケットを手に、気合を見せる阪神・湯浅京己=鳴尾浜(撮影・高部洋祐)
2枚2枚

 阪神のドラフト6位・湯浅京己投手(19)=BC・富山=が7日、鳴尾浜の選手寮「虎風荘」に入寮した。スーツに身を包み登場。BC・富山時代の監督・伊藤智仁氏(現東北楽天ゴールデンイーグルス一軍投手チーフコーチ)からもらったバドミントンのラケットを持参した。

 恩師から受けたラケットで成長曲線を描く。「去年の5月くらいにいただきました」と話す湯浅。それ以来、キャッチボール前やシャドーピッチング時に使用し、BCリーグ後半に手応えを感じた。

 プロでもその習慣を続けていくと湯浅。「ラケットでシャドーをして成果があるのが分かる。部屋でもできるので続けていきたい」。一線で活躍する投手となるために、さらなるパワーアップを図り、伊藤智仁氏をあっと言わせるプレーヤーになってみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス