文字サイズ

岡本は年俸2500万円でサイン 200万増も古巣西武Vに「悔しい気持ち」

契約更改を終え、会見場に入る阪神・岡本洋介=阪神球団事務所(撮影・田中太一)
会見する阪神・岡本洋介=阪神球団事務所(撮影・田中太一)
2枚2枚

 阪神の岡本洋介投手(33)が6日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸2300万円から、200万増の2500万円でサインした。

 今季は開幕前の3月に榎田とのトレードで西武から移籍し、34試合の登板で1勝0敗、防御率3・83。ロングリリーフなどの登板を重ね、9月1日のDeNA戦(甲子園)では2番手で登板し、移籍後初勝利を挙げた。「色んなところで投げてくれた、ということで評価してもらった」と右腕。

 古巣の西武はリーグ優勝を果たした。「西武が優勝した時、悔しい気持ちはあったので、阪神で優勝してその中の一員になれたら」と来季へ鋭いまなざしを向けていた。(金額は推定)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス