文字サイズ

大山、愛のある辛口審査500万円増サイン 来季3年目のテーマ「中心選手に」

 契約更改を終え、会見する大山
1枚拡大

 阪神の大山悠輔内野手(23)が4日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸2500万円から、500万増の3000万円でサインした。昨季の成績を大幅に上回る中での微増更改。谷本球団本部長は「あえて厳しく」と、愛ある“ゲキ”を込めた辛めの査定だと説明した。未完の大砲に求めるのは中心選手の活躍。4番候補は全試合出場を目標に、3年目シーズンに向かう。(金額は推定)

 笑みはない。シーズンを終えた充足感と同時に、湧き出てきたのはもっと、もっと…の悔しさだった。会見に臨んだ大山が前だけを見て口を開く。「来年のモチベーションにして、また一からのスタートです」。3年目のテーマは「中心選手に」。核になる活躍だ。

 「トータルの数字を見れば、昨年よりも上がっていますが。3月から7月は全く戦力になってない。迷惑ばかりかけました」。2年目シーズンは飛躍を期待され、開幕の巨人戦から6番・三塁に定着。菅野から本塁打を放つなど最高のスタートを切ったが、序盤は打率1割台と苦しんだ。

 6月22日には2軍降格。それでも再調整期間で調子を上げ、9月16日のDeNA戦(横浜)で6安打7打点、3本塁打。1試合6安打は球団では64年ぶりで両リーグ最多タイ。1イニング2本塁打はプロ野球史上20人目だった。9月の月間成績は打率・415、9本塁打。23打点という驚異的な数字を残した。

 出場機会も昨季の75試合から117試合と伸ばした。48打点、11本塁打、打率・274はいずれも前年を上回る成績。昨オフの更改で1000万アップを勝ち取っただけに、同等以上の増額が期待された。だが、結果的に微増の500万アップ。あくまで金額は推定だが、谷本球団本部長も「昨年ほど上がっていない」と説明する。

 「あえて厳しくしています。来年はチームの中心選手になってほしい。なので甘い査定はしていません」

 微増の提示額に込められた球団の期待。親心査定に大山も自覚を口にする。「中心になっていかないといけない」。目標は全試合出場。「全てにレベルアップしていきたいです」と前を向く。今オフに退寮し、1人暮らしを始めた。勉強中の自炊なども含め、新たな環境下に身を置き、さらなる飛躍を求める。

 矢野監督は競争を勝ち抜き、大山の4番定着を願う。生え抜き選手の開幕4番は03年の浜中治(当時登録名・浜中おさむ)以来。入団3年目は58年の大津淳以来61年ぶりとなる。「同期の糸原さんがキャプテンになりますし、なんとか力になりたいので。まずは自分がしっかり頑張りたい」。中心選手の自覚とともに戦う3年目シーズン。ホップ、ステップに続き、大きなジャンプで大幅昇給を勝ち取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス