文字サイズ

ドラ1近本が入団会見「足が武器。超積極的野球を体現したい」盗塁王目標

 今秋のドラフトで、阪神から指名を受けた新人7選手が3日、大阪市内のホテルで入団会見に臨んだ。

 背番号5のタテジマに袖を通したドラフト1位の近本光司外野手(24)=大阪ガス=は「初めてタイガースのユニホームに袖を通して喜びと責任を感じ、身の引き締まる思いです。足が武器なので超積極的野球を体現して勝利に貢献していきたい」と意気込みを口にした。

 1年目の目標としては「新人王を獲るには盗塁王も必要になってくると思うのでその2つを目標にやっていきたい」と高々に掲げた。

 また同3位木浪聖也内野手(24)=ホンダ=は対戦したい投手に中日の松坂の名前を挙げた。「同じ病院で生まれたと聞いているので、縁を感じています。いずれは対戦したい」とレジェンド右腕との対決を待望した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス