文字サイズ

上本が1年契約で残留 FA権行使せず

残留が決まった阪神・上本博紀=鳴尾浜(撮影・佐藤厚)
2枚

 阪神の上本博紀内野手が13日、今季取得していた国内FA権を使わずに残留することが決まった。

 正午過ぎに担当者が電話連絡を受け、谷本球団本部長は「タイガースでプレーしたいということでした。通常の1年契約になります。チームの競争という意味でも非常に大きい」と語った。

 上本本人はこの日、鳴尾浜でリハビリを行い、全メニュー終了後の午後から会見。「今年、ケガした中でという状況で応援してくれた、支えてくれた、そういう人たちのために来年、タイガースで頑張ろうと思いました」と残留の理由を説明した。

 今季序盤に左膝前十字じん帯を損傷し、手術を受けた上本。リハビリは順調に進んでおり、来季は「全力でやり切る。今まで通り、全力でやっていきたい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス