文字サイズ

阪神スタメン 大山、糸井、陽川の中軸で松坂と対戦

阪神対中日の先発オーダー=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神-中日」(13日、甲子園球場)

 1勝1敗で迎えたカード第3戦。中日は誕生日登板となる松坂が甲子園球場に凱旋する。2006年6月9日以来、実に12年ぶりの登板となる。

 投げ合うのは才木。両者は今季3度目の対戦。過去2試合はいずれも才木が負け投手、松坂が勝ち投手になっている。3度目のリベンジに燃える若虎は「しっかりと自分の投球をしたい。守りにいくのではなく。どんどん攻めていきたい」と前を向く。

 また、打線は前夜と同じオーダー。11日の中日戦で「右太ももの張り」を訴え、途中交代した福留はこの日もスタメンから外れた。代わって2試合連続本塁打など、打撃好調の大山がこの日も「3番・三塁」に入り、「4番・右翼」糸井、「5番・左翼」陽川のクリーンアップを組んだ。

 スタメンは以下の通り。

 【中日】

 1番・右翼 平田

 2番・遊撃 京田

 3番・中堅 大島

 4番・一塁 ビシエド

 5番・左翼 アルモンテ

 6番・二塁 高橋

 7番・三塁 福田

 8番・捕手 武山

 9番・投手 松坂

 【阪神】

 1番・遊撃 北條

 2番・二塁 糸原

 3番・三塁 大山

 4番・右翼 糸井

 5番・左翼 陽川

 6番・一塁 ナバーロ

 7番・中堅 伊藤隼

 8番・捕手 梅野

 9番・投手 才木

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス