文字サイズ

金本監督「ありえんことが起こってるわね」 好機であと一本が出ず3タテ

5回、阪神・糸原健斗の外野フライが犠飛とならず、騒然とする阪神・金本知憲監督(左)ら阪神ベンチ=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神1-3ヤクルト」(30日、甲子園球場)

 阪神は好機にあと一本が出ず、ヤクルトに痛恨の3連敗。借金も今季ワーストとなる「9」に膨らんだ。

 金本監督が「タッチアップとか信じられないようなプレーもでるし。俺も見たことないけどな。なかなかちょっと、ありえんことが起こってるわね」と振り返ったのは五回の攻撃だった。

 1点を先制された直後の五回の攻撃。2安打と四球などで1死満塁のチャンスをつかむと、糸原が犠飛には十分な飛距離となるフライを中堅へと打ち上げた。タッチアップした三走・鳥谷は楽々とホームを陥れたと思われたが、同じくタッチアップで三塁を狙った梅野が中堅・青木からの送球で、鳥谷のホームインよりも早くアウトに。同点となるはずが、まさかの無得点となった。

 梅野が三塁への途中で止まることもできたのではないかと問われると、指揮官は「それはわからん」とし、鳥谷が最後は全力疾走を欠いたのではという問いかけに、「どうだろうね…俺も1点入ったと思って、見ていなかったけど…」と話した。

 八回には先頭・梅野の二塁打などで1死二塁とし、糸原の右前打が右翼・雄平の失策を誘い、ようやく1点をかえした。なおも、1死満塁と一打逆転のチャンスをつかみながらも、糸井、ナバーロが凡退に倒れた。ここでもあと一本が出なかった。

 金本監督は「この3試合というのは見ての通りですし、ゲッツー崩れ、犠牲フライが一本出ていればというところで、それが打てなかったということで」と嘆いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス