文字サイズ

福留諦めず 九回に代打で完封阻止打

 9回、中越えに適時三塁打を放つ福留(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 「巨人3-1阪神」(8日、東京ドーム)

 集中力が違う。一振りで強烈な存在感を示した。阪神・福留孝介外野手が九回に代打で登場。初対戦のアダメスから中越え適時三塁打を放ち、完封負けを阻止した。

 1死一塁。千両役者が登場した。外寄り151キロ直球をバットに乗せる。一塁走者を一気にかえし、自らは三塁へ到達した。「相手のピッチャーの一番速いボールに合わせて、思い切っていくだけ」。敗戦に笑みはなく、淡々と振り返った。

 休養日で7月31日・中日戦(ナゴヤドーム)以来のベンチスタート。代打としての打席は今季3回目だが、「試合に入れば集中する。与えられたところでやるしかない」と準備は怠らない。ゲームセットの瞬間まで、勝利に徹するのみだ。

 連勝は3でストップ。「諦める、諦めないではなく、勝つためにやってるんだから」と主将。カード勝ち越しは狙うが、「全て(の試合)が大事」と目の前の事象だけにとらわれない。最後に笑うため、41歳が期待に応え続けていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス