文字サイズ

阪神・ロサリオが来日初の2打席連発 逆襲へ「まだまだ試合は残っている」

DeNAに勝利し、阪神・金本知憲監督(左)とタッチを交わす阪神・ロサリオ=横浜スタジアム(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「DeNA5-7阪神」(21日、横浜スタジアム)

 阪神のウィリン・ロサリオ内野手が、来日初の2発を含む3安打3打点。5月18日以来の猛打賞をマークした。

 二回の第1打席は左翼席上段に5号ソロ。約2カ月ぶりの一発で目を覚ますと、3点のリードを奪った直後の三回1死走者なしでも豪快な一発。石田から来日初となる2打席連発、左翼席上段に到達する6号ソロでリードを広げた。

 五回の第3打席は武藤の外角球を仕留め、右翼フェンス直撃の適時二塁打。この日、自身3本目の安打で、貴重な追加点となる7点目をたたき出した。

 試合前の時点で、打率・232、4本塁打、23打点と低迷。2軍での再調整も経験したが、突然の大暴れとなった。

 ヒーローインタビューでは「感じはすごくいい。もっとファンに喜んで取ってもらえるようにしたい。(打球は)どこまで飛んだか分からなかったが、いい感じで打てた。これを続けてチームに貢献したい。まだまだ試合は残っている。何が起きるか分からない。勝利に貢献できるよう頑張りたい」と、力強かった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス