文字サイズ

新外国人ナバーロが入団会見「勝利に貢献できるようベスト尽くす」

入団会見でポーズを決める阪神エフレン・ナバーロ=西宮市内の球団事務所(撮影・山口登)
笑顔で入団会見をする阪神エフレン・ナバーロ=西宮市内の球団事務所(撮影・山口登)
2枚2枚

 阪神の新外国人、エフレン・ナバーロ内野手(32)=前カブス傘下3A=が17日、兵庫県西宮市内の球団事務所で入団会見を開いた。

 前日16日に来日。会見場には現れた新助っ人は「オハヨウゴザイマス」と日本語であいさつ。チームについて問われると「すごく伝統のあるチームだと思っていますし、ボストンやカブスのようなチームの印象があります」と気持ちを高ぶらせた。

 メキシコ代表として13、17年のWBCに出場した。16年の強化試合では武田(ソフトバンク)、山崎(DeNA)から安打を記録するなど国際経験も豊富。今季3Aでは48試合で打率・310、4本塁打、29打点の成績を残していた。守備は一塁だけでなく外野もこなせるため、2軍調整中のロサリオ昇格後も同時起用が可能となる。

 新天地での背番号は「99」に決定。「とにかく毎試合試合しっかり準備をして、チームメートやファンのために自分の持っているものを最大限に出せるように頑張っていきたい。チームの勝利に貢献出来るようにベストを尽くしたい」と決意を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス