文字サイズ

【一問一答2】阪神・揚塩社長 山脇容疑者逮捕で報道対応「練習を見るのが本来の姿」

謝罪会見をする阪神・揚塩健治球団社長=阪神電鉄本社
1枚拡大

 阪神の山脇光治スコアラーが盗撮容疑で12日に逮捕されたことを受け、揚塩健治球団社長が13日、大阪市内の電鉄本社で報道陣に対応。15秒近くにわたり頭を下げ、「被害に遭われた方に心より、おわびを申し上げるとともにファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。【その2】

 以下は一問一答。

 -社長が被害者に直接会いたい意思は弁護士を通して警察に?

 「仙台の警察に球団の職員を行かせていますので、その者から弁護士、それは球団の弁護士ではなく、現地の弁護士の方を通して仙台の警察の方にその旨を。が、警察の方は被害者のこと(心情)もあるので、中々、難しいですと言われております」

 -本人は否定しているが

 「そのような報道があったことは承知しております。しかし、我々からはまだ本人に接触できておりません。仙台の警察にも職員を行かせておりますが、対象者とは接触はできておりません。従って、その報道につきましては、今申し上げることはできません」

 -本人の当日の動き等は

 「すいません、承知しておりません。札幌での試合があって、スコアラーですので、先乗りスコアラーということで次のカードの楽天戦に行って、本人は中日の担当でもありましたので、楽天対中日の試合を先乗りで入って、そしてスコアラー活動をするという報告を受けまして、前もって仙台に入っておりました。以上しか把握しておりません」

 -事件が16時15分頃。普段、スコアラーは球場にいないのか

 「先乗りスコアラーですから、当然、練習を見るというのが本来の姿だと思います。その時間に球場にいなかったというのは、大変、球団としても管理ができていなかったと反省しております」

 -本人は1人で仙台に

 「おそらくそうだと思います」

 -仙台に入ったのは12日か11日か?

 「すいません、確認できておりません」

 -普段のスコアラーの行動の管理は

 「スコアラーの部署が管理しております。私自身が把握していないということです」

 -社長がこの事案を把握したのはいつか

 「社外に出ておりましたので(午後)6時過ぎに私の携帯の方に一報が入りました。大変、残念な事案が発生したというふうに思いました。被害者の方に非常に申し訳ないと」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス