文字サイズ

ドラ4島田 3球連続打に首脳陣高評価 金本監督「おもしろい。初めて見たね」

 1カ所打撃で快音を響かせる島田。右後は金本監督(撮影・田中太一)
 スチール防止の練習で二塁へ滑り込む
2枚2枚

 「阪神春季キャンプ」(20日、宜野座)

 阪神のドラフト4位ルーキーの島田が直球勝負の1カ所打撃に臨み、終盤に3球連続で鋭いライナーを飛ばす姿に首脳陣も高評価を与えた。

 序盤はミスショットが目立ったが、コツをつかむと、きれいにライナー性ではじき返した島田。金本監督は「バットの出し方も不思議なタイプ。速い球に遅れる感じがしたんだけど、インサイドとかにパッと(バットが)出るから。おもしろいね。ああいうタイプは初めて見たね」と評する。

 テークバックが少し大きい印象を与えるが、スイングの軌道はコンパクトに最短距離を描く。本人は「カウント3-1を想定して、1球でしっかり仕留められるように意識した。これをきっかけにできるように」と力を込めた。

 午前中のスチール練習では指揮官に指摘された蛇行を矯正するため、一、二塁間に白線を引いた。「最後は勢いを失わずにスライディングできたかと思います」と手応えを口にしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス