文字サイズ

ロサリオが推定170メートルの場外弾 フリー打撃で驚愕の一発

フリー打撃で場外へ飛び出す特大弾を放ち、打球の行方を見つめる阪神・ロサリオ。右は金本監督=宜野座(撮影・立川洋一郎)
フリー打撃で場外へ飛び出す特大弾を放つ阪神・ロサリオ(中央)。驚いた表情で打球の行方を見つめる金本監督(右から2人目)ら=宜野座(撮影・立川洋一郎)
2枚2枚

 「阪神春季キャンプ」(8日、宜野座)

 新外国人のウィリン・ロサリオ内野手が8日、フリー打撃で初の場外弾を放った。

 ラストスイングに、スタンドはどよめきに包まれた。観衆も報道陣も思わず声がこぼれる。左翼後方の道路手前にある防球ネットをものともせずに、打球はその先の崖に突き刺さった。推定170メートル弾。目撃者の虎党によると、ノーバウンドでの到達だったそうで「音がして振り返ったら、もうボールが(崖の上から)転がり落ちてきました」と証言した。

 7日に行われたチーム初の紅白戦では、いきなり“来日初安打”を記録していた。どこまで我々の度肝を抜くのか。その打球に夢を乗せるのか。その大きな力は、さらに進化を続けている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス