文字サイズ

横田 脳腫瘍からの復活目指し安芸でキャンプイン

チームの先頭でランニングする横田(中央)
1枚拡大

 「阪神2軍春季キャンプ」(1日、安芸)

 脳腫瘍からの復活を目指す横田慎太郎外野手(22)が、安芸キャンプで全体練習の一部に復帰した。

 今季から育成選手契約となったため、背番号124のユニホームを着用。全体アップのランニングでは最前列を走って声を出した。

 その後はトスバッティング、キャッチボールまで野手の通常メニューをこなし、投内連携から別メニュー。個別ノックやティー打撃を行った。野手のランチタイム中には、軽めのフリー打撃も行った。ヘルメットをかぶり、トレーナーが投げる球を約20分打ち返した。

 「去年のこの時期は病気が分かっていたので、今日ユニホームを着て練習できたのはとにかくうれしい。いろんな人に支えてもらったので、恩返しの気持ちしかない。野球をできることをうれしく思いながら、1日1日レベルアップして前だけを向いてやっていこうと思う」と振り返った。

 横田は昨年の春季キャンプ中に体調不良を訴え、緊急帰阪。精密検査の結果、脳腫瘍と診断された。治療に専念し、9月上旬に帰寮して練習復帰。鳴尾浜では別メニューで練習し、プロ5年目のキャンプインを迎えた。昨年、育成契約を結んだ際には「一日も早く2桁に戻れるように、必死にやっていこうと思います」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス