文字サイズ

ドラ1馬場、虎柄に染まる!「浪速の春団治」川藤OB会長にあいさつ

 鳴尾浜でダッシュする馬場
1枚拡大

 阪神のドラフト1位・馬場皐輔投手(22)=仙台大=が9日、タイガースの歴史を学んでいくことに意欲を見せた。新人合同自主トレ2日目のこの日、視察に訪れた川藤幸三OB会長と初対面。先人たちの功績を知り、帰属意識を高めていく。

 「やっぱりたくさんの先輩方がいらっしゃるので、チームに入った以上は学んでいきたいですし、これからあいさつすることも多くなると思うので」

 練習が一段落したところで、川藤OB会長へあいさつ。「親に恩返しできるように頑張れ」と声を掛けてもらった。「浪速の春団治」がOB会長を務めていることは知っていたと言い、今後も「阪神タイガースをどんどん知っていきたいと思います」と決意した。

 その理由は「これから(阪神の)一選手としてやっていくので」と単純明快だ。身も心も虎柄に染めていく。自主トレではキャッチボールやインターバル走で汗を流した馬場。「いい形で走れた」と充実感を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス