文字サイズ

藤本コーチが新人研修で講師役務める「慢心しないように」と力説

新人研修会に参加する阪神・小野泰己ら=ヒューイット甲子園(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 阪神の藤本2軍守備走塁コーチが6日、西宮市内で行われた「阪神タイガース新人選手研修会」で講師役を務めた。

 自身の1年目を振り返りながら「慣れることの怖さ」を力説。「ファンやメディアの多さは阪神特有。慢心しないように」と語りかけた。

 その上で、野村克也元監督の格言を用いて「『常に野球人の前に社会人であれ』と。プロに残る生き方は本人が決めないといけない」と自覚を求めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス