文字サイズ

福留&大山の連続アーチで大盛り上がり

7回、ソロを放つ阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・飯室逸平)
7回、ソロを放つ福留(撮影・高部洋祐)
7回阪神1死、左越えにソロを放つ阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「阪神-中日」(10日、甲子園球場)

 阪神の今季最終戦に詰めかけた3万5748人の大観衆。そんな虎党を、ベテラン&若虎が2者連続のアーチで大きく盛り上げた。

 七回だ。1死走者なしから、まずは4番・福留が一撃をくらわす。131キロのチェンジアップを振り抜くと、打球はそのまま右翼席に詰めかけた虎党の中に飛び込んでいった。

 そして続く5番・大山も続く。2ボールからの3球目を完璧に捉えた。150キロの直球をはじき返すと、今度は左翼席にズドン。2者連続の本塁打は、大歓声を呼び込むダメ押し点となった。

 この日は福留が先制の適時打、大山が貴重な追加点を挙げる3点適時打を放つ大活躍。ベテランの4番、そしてルーキーの5番。2人のバットから、この日の全得点、6点が生まれている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス