文字サイズ

掛布2軍監督とのお別れは甲子園で 27、28日最終2戦、鳴尾浜からの変更調整中

 16年5月3日 甲子園で行われたウエスタン広島戦で指揮を執る掛布2軍監督
1枚拡大

 阪神・四藤慶一郎球団社長(56)が11日、西宮市内の球団事務所で、今季限りで退任となる掛布雅之2軍監督(62)のラストを、甲子園で飾らせる方向で調整していることを明かした。対象となるのは、鳴尾浜で開催予定のウエスタン・リーグ最後の2試合となる27、28日の広島戦。今後、球場変更の手続きを行う必要があるが、多くのファンに見守られる中で、背番号31が最後の指揮を執る。

 サヨナラの姿を少しでも多くのファンに見てもらいたい。今季限りで退任となる掛布2軍監督のため、異例のプランが用意される。最後の舞台は鳴尾浜ではなく甲子園。四藤球団社長が話した。

 「調整中やけどね。27、8のウエスタンの最後の広島戦の2試合で、甲子園を使えそうなので」

 27、28日の広島戦は鳴尾浜で開催予定だが、より広い甲子園に変更する方向だ。ちょうど1軍が横浜遠征中のタイミング。退任が発表された10日のウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)ではファンが殺到。入場制限もかかった経緯もあり、今回のプランが発案された。

 「できるだけたくさんのお客さんに来てもらえたらということで。最後なんで甲子園なら入れるので」と四藤社長。通常の甲子園開催のウエスタンと同様「(入場料は)1000円と子供500円」で内野席を開放予定。ただ当日の状況次第でアルプス席が開放されることや、掛布2軍監督からのあいさつが行われる可能性もある。

 今後、球場変更には相手球団の了承後にリーグに申請する手続きを踏む必要があり、それらを経て正式決定の運びとなる。こういったプランに関し、掛布2軍監督は「ありがたいことではありますけど複雑な思いもありました」と話した上で、本音を口にした。

 「甲子園というのは1軍の戦う舞台であり、私は2年間戦った鳴尾浜で終えるのがふさわしいのではと考えたのです」

 あくまで甲子園は1軍の場。そういった信念がある一方、10日に、鳴尾浜に入れなかったファンがいたことも把握している。そのため「最後は一人でも多くのファンとともに選手を見守れれば、こんなにありがたいことはありません」と話した。多くのファンから愛される男にふさわしいラストになりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス