文字サイズ

藤浪、投手の打順で降板 4回2/3を3失点7四死球、制球苦しむ

5回途中、降板を告げられ、肩を落とす阪神・藤浪(中央)=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
広島・大瀬良に死球を与え、帽子をとって頭を下げる阪神・藤浪=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
5回途中に降板し、ベンチで涙を流す藤浪(左)=撮影・高部洋祐
3枚3枚

 「阪神-広島」(16日、京セラドーム大阪)

 5月26日のDeNA戦以来となる1軍マウンドに上がった阪神・藤浪晋太郎投手が、五回途中3失点で降板。先発の責任を果たせなかった。広島の先発・大瀬良の打順というタイミングでの降板だった。

 初回に1死満塁から松山に先制の左越え適時打を浴びたが、後続を連続三振に仕留めてピンチを脱出した。

 しかし二回、1死から投手・大瀬良の左肩付近に死球を与えてからリズムが狂いだした。三回には先頭・鈴木への四球からピンチを広げ、西川、安部の連続適時打で2点を失った。

 四回2死から菊池に死球を与えた場面ではホームプレート付近で両軍がにらみ合う事態へと発展。五回には安部の内野安打と2四球で2死満塁のピンチを招き、投手・大瀬良を迎えたところで金本監督に交代を告げられた。

 投球内容は4回2/3で被安打7、奪三振4、四球5、死球2、球数107。ベンチでは悔しさから唇をかみしめていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス