文字サイズ

岩貞は4回7安打6失点、6四球で2試合連続のKO降板

3回、ふがいない投球に天を仰ぎ悔しがる阪神・岩貞祐太=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「巨人-阪神」(8日、東京ドーム)

 先発した阪神・岩貞が4回7安打6失点、6四球でKOされた。五回に打順が回り、代打を送られた。三回には球団ワーストタイとなる、1イニング5四球を許すなど、制球が定まらなかった。

 初回から苦しい投球が続いた。まずは先頭の陽岱鋼に対し、フルカウントから四球を与えた。マギーは一飛に抑えたが、続く坂本にもフルカウントから左前打を浴びた。ここで打席に阿部。1ボールから2球続けたカットボールが高く浮いた。鋭い打球が一、二塁間を抜け、二走・陽岱鋼が悠々とホームに生還した。

 二回、石川にソロ本塁打を浴びると、三回だ。またも先頭の陽岱鋼に四球を与えると。マギーにも四球で一、二塁。坂本を併殺に斬ったが、阿部には右前打を浴びた。さらに村田、長野と連続四球で押し出し。石川にも中前に2点適時打を許した。

 小林を敬遠気味に歩かせ、1イニング5四球。これで終わらず、投手・マイコラスにも三遊間を破られ、この回4点を失った。

 岩貞は今季16度目の登板で、初回失点は2試合連続9度目。同回は16失点でイニング別ワーストと、立ち上がりに課題を残している。この日は以降も立ち直ることができず、前回1日の広島戦(マツダ)の4回4失点降板に続き、2試合連続のKOとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス