文字サイズ

阪神2連勝 岩貞4勝目、中谷が同点打、大山は2安打1打点

 6回、同点となる適時打を放つ阪神代打・中谷
1枚拡大

 「阪神5-4ヤクルト」(2日、甲子園球場)

 阪神が連勝でカード勝ち越し。先発・岩貞は6回7安打3失点で4勝目(5敗)を挙げた。

 二回、大和の左前適時打で1点を先制。1-3の六回は大山の右前適時打と代打・中谷の中前適時打で同点とし、2番手・石山の暴投で1点を勝ち越した。七回は糸井の右越え8号ソロで1点を加えた。大山はこの日2安打1打点だった。

 ヤクルトは2連敗。0-1の六回、荒木の左中間2点三塁打で逆転。続く大引のスクイズが決まり、この回3点を奪った。3-5の八回は1死二、三塁から藤井の内野ゴロで1点差。先発・石川は5回1/3、8安打4失点。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス