文字サイズ

阪神今季初の4連敗…投打かみ合わず広島に今季最大の5差

打線がつながらず、ベンチで首をひねる阪神・金本知憲監督(中央)=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「広島5-0阪神」(25日、マツダスタジアム)

 阪神が首位攻防戦で今季初の4連敗を喫した。三回、2死から相手先発の大瀬良にエンタイトルツーベースを打たれたことがきっかけになりこの回3失点。8安打無得点と投打がかみ合わず広島との差は今季最大の5ゲームに広がった。

 先発の岩貞は初回、1死から菊池に鳥谷のエラーで出塁されると、四球を挟み鈴木に適時打を許した。3回は大瀬良の二塁打の後に、田中の適時打と菊池の2ランで3失点。結局4回4失点でマウンドを降りた。

 打線も安打は出るものの、大瀬良を打ち崩すことはできず。八回、九回は三者凡退に終わり、反撃できなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス