文字サイズ

阪神 俊介の甲子園初アーチで勝ち越しに成功 プロ8年目通算4本目

4回阪神、勝ち越しのソロを放ち、ナインとタッチを交わす阪神・俊介=甲子園(撮影・高部洋祐)
4回、左中間に勝ち越しとなるソロを放つ阪神・俊介=甲子園(撮影・北村雅宏)
2枚2枚

 「交流戦、阪神-西武」(13日、甲子園球場)

 阪神の俊介外野手(29)が、本拠地・甲子園では初となる今季1号本塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

 同点に追いつかれた直後の四回、2死走者なしから7番・俊介が西武・野上の変化球を捉え、振り抜いた。打球はぐんぐん伸びていき、そのまま左中間のスタンドへと飛び込んだ。

 俊介は「追いつかれてしまった後だったので、チャンスを作るためにも塁に出ることだけを考えて打席に入りました。打った瞬間どうかなと思いましたが、風のおかげでスタンドまで届いてくれました」とコメントした。

 二回には2点適時二塁打を放っており、第2打席までに3打点と打撃でチームを引っ張っている。

 プロ8年目の俊介にとって、本塁打は2014年8月12日の巨人戦(東京ドーム)以来3年ぶり4本目の一発となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス