文字サイズ

高代ヘッド、リプレー検証の“舞台裏”明かす

7回、鳥谷の打球を西川がエラー、本塁にヘッドスライディングする江越(左)と、タッチにいく石原
1枚拡大

 「阪神12-9広島」(6日、甲子園球場)

 阪神の高代ヘッドコーチが、七回にリプレー検証で判定がセーフからアウトに覆った場面の“舞台裏”を明かした。

 8-9と1点差に迫った1死一、二塁。一打同点、長打が出れば逆転の場面で鳥谷が打席に立った。ベテランが放った打球は二塁へ。広島の二塁・西川がまさかのファンブル。二走の江越が思い切って本塁へ突っ込んだ。バックアップしたショートの田中がすぐさま本塁へ転送したが判定は「セーフ」。だが、リプレー検証の結果、「アウト」が宣告された。江越は試合後「タッチされていないと思ってたんですけど。判定が全てなので仕方ない」と唇をかんだ。

 気になるのは三塁コーチの高代ヘッドコーチの指示。江越に本塁突入するよう、腕を回したかどうか。試合後、高代ヘッドは「それがね、覚えてないんだよ」と嘆いた。「(西川が)後ろにそらしたから、そこで回したのかもしれない。終わってから考えたけど、本当に覚えてないんだ」。コーチ歴の長いベテランが忘れてしまうほどの、一瞬の出来事だったのだ。

 ただ、高代ヘッドは「アウトになって好走塁はおかしいけど、アレは褒めてやりたい」と江越の積極的な走塁については称賛した。

 2死一、二塁から試合は再開。続く糸原の右前適時打で同点となったが、ここでも本塁は際どいタッチプレーになった。二走の中谷へ思いきって本塁突入をした高代ヘッドは「あれがアウトだったら、球場全員を敵に回す。心臓が止まりそうだったわ!」と苦笑いを浮かべていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス