文字サイズ

上本、右足首捻挫の診断 5日の広島戦で担架で退場

 1回、安部のゴロを一塁へ送球する上本(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 5日の広島戦で初回に負傷退場した阪神の上本博紀内野手が、尼崎市内の病院で検査を受け「右足首捻挫」と診断された。球団が発表した。

 初回に広島・安部の放った一、二塁間への打球を目いっぱい腕を伸ばしてダイビングキャッチ。体勢が崩れたまま一塁へスローイングしたが、間に合わず。その後、立ち上がれず担架で運ばれ退場した。

 開幕から全試合にスタメン出場し、2番打者としてチームに貢献していた。患部は軽度と見られ、大事には至らなかった。チームにとっても自身にとっても、一安心だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス