文字サイズ

ドリス 同点の九回に4安打3失点の炎上 連勝は2で止まる

9回中日1死満塁、勝ち越しを許し悔しがるドリス=甲子園(撮影・山口登)
2枚

 「阪神3-6中日」(29日、甲子園球場)

 阪神の守護神・ドリスが、同点の九回、中日打線に打ち込まれ、チームの連勝が2で止まった。

 九回1死満塁から藤井、堂上の連続適時打と松井雅の中犠飛で一挙3点勝ち越しされた。

 打線は2点を先制された一回、糸井の4号2ランで同点。1点を勝ち越された三回、北條の左前適時打で再び試合を振り出しに戻した。

 先発の青柳は5回0/3を3失点で降板。6安打5四球と制球が不安定だった。六回には自らの一塁への送球失策でピンチを招いたが、後を受けた岩崎が無失点で切り抜け、さらに桑原、マテオと無失点で継投。

 九回から登板した5番手のドリスが4安打1四球と犠飛で3点を献上し、今季2敗目。

 中日は先発のバルデスが7回3失点と好投も勝ち負けつかず。2番手の三ツ間が2勝目。

 勝ち越し適時打など3安打の藤井は「バルデスに勝ちをつけてあげたかった。みんなでつないでくれたチャンスだったので自分も後ろにつなごうと食らいついていった」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス