文字サイズ

金本虎の方程式!桑原、マテオ、ドリス0封リレーで逃げ切り成功

 「巨人1-2阪神」(23日、東京ドーム)

 最後まで勝利のバトンを落とさなかった。阪神・金本監督が「投げ勝ったといいますか、横山も5回1失点でしのいでくれて今日は総動員でいく予定だったので、リリーフがよく投げてくれました」と称えた投手陣の粘り。息を飲む接戦は、見事な継投で逃げ切り成功だ。

 まずは2番手の桑原だ。1点リードの六回から登板すると、先頭からの安打などで2死一、三塁となり、迎えたのは代打・阿部。巨人の勝負手に対してもひるむことなく立ち向かうと、追い込んでからの外角直球で空振り三振に仕留めた。

 「打ち取れて良かったです」と桑原。そのまま七回のマウンドにも上がり先頭から2死を奪ったが、坂本勇と村田に連打を浴びて2死一、二塁のピンチを招く。ここでベンチは、桑原からマテオへの継投を決断。この采配が的中し、マテオはマギーからスライダーで空振り三振を奪って切り抜けた。

 さらにマテオはイニングまたぎで任された八回を3人でピシャリ。最速157キロも計測した投球を「(イニングまたぎも)難しさは感じない。いつも冷静にやっている」と振り返り、リーグトップの8ホールド目。九回は守護神・ドリスが3人で抑える完ぺきな投球で、自身8戦連続のリーグトップ9セーブ目を挙げた。

 カード勝ち越しの勝利を締めくくったドリスは「アウェーで勝つことはすごく重要なことで、勢いに乗って勝っていきたいです」と力を込めた。1点差を守り抜いた勝利の方程式。今後につながる大きな勝利となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス