文字サイズ

横山が今季初登板初勝利 チームも2位タイに浮上

今季初勝利を挙げ、トラッキーとともにポーズを決める横山
3枚

 「巨人1-2阪神」(23日、東京ドーム)

 1勝1敗で迎えたカード第3戦。阪神が巨人に競り勝って、カード勝ち越しに成功した。

 試合は初回、4番・福留が3試合連続の先制打。2死三塁から「早い段階で点を取ってあげたかった」と、左前適時打を放った。さらに三回には1死満塁から、中犠飛で追加点を奪取。今カード6打点と4番のバットで勝利を手繰り寄せた。

 今季初登板初先発となった横山が、5回6安打1失点の粘投。三回に連続与四球から1点を失ったが、安定した投球で1点のリードを守って降板した。この最少リードを桑原、マテオ、ドリスとつないで辛勝。

 横山は今季初登板初勝利。マテオが8ホールド、ドリスがリーグトップの9セーブ目となった。

 再び巨人に並んで2位タイとした。25日からは本拠地・甲子園に戻って6連戦。まずはDeNAとの3連戦を迎える。

 今季初勝利に加え、巨人戦も初勝利となった左腕は、「伝統の一戦ということでうれしいです。もっと回を投げられれば良かったんですけど、みなさんに感謝しています。藤浪がインフルエンザで苦しんでいたので、その代役をしっかりできました。次があるのであれば、もっと長いイニングが投げられるように頑張ります」と白い歯を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス