文字サイズ

阪神が逆転負け 苦手の左腕、田口に6連敗

ベンチでさえない表情を見せる阪神・金本知憲監督(中央)=東京ドーム(撮影・園田高夫)
3枚

 「巨人4-1阪神」(22日、東京ドーム)

 連勝を狙った阪神が逆転負けを喫した。

 初回、2死二塁の得点機を作ると、4番・福留の一、二塁間を破る適時打で先制。2試合連続の先制打で流れを呼んだが、三回に坂本の中前適時打で2点を返された。先発・能見は自らの失策と四球が絡んでの失点。「自分のミスから始まってしまい、何とか抑えようという気持ちが、力みに代わってしまった部分がありました」と肩を落とした。

 三回以外はほぼ、完璧な内容で6回2安打2失点(自責1)。打線の援護にも恵まれず、今季2敗目を喫した。以降は1点ビハインドの七回、藤川が立岡に左前打適時打を許すと、八回には松田がマギーに2号ソロを浴びた。打線も田口の前に4安打で1得点。苦手左腕をまたも攻略できず、対戦成績は6連敗となった。

 今季2勝目を挙げた田口は「自分の持ち味を出すことができた。テンポ良く、リズム良く投げられた」と笑顔。阪神戦の6連勝については、「連勝はたまたまです。自分のベストを尽くしただけ」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス