文字サイズ

秋山、粘りの6回2失点も反省「追い付かれていますし…」

 気迫の投球を見せる秋山
1枚拡大

 「中日4-3阪神」(19日、ナゴヤドーム)

 先発投手としての役割を果たしても、惜敗に反省の言葉が口を突く。防げた1点、同じ打者への被安打。先発の阪神・秋山は6回を投げ、7安打2失点と粘った。それでも同点での降板に「追い付かれていますし」と悔やんだ。

 1点リードの六回だ。荒木の左前打と、大島の右前打で無死一、三塁のピンチを背負った。いずれもボール先行から、ストライクを取りにいったところでの痛打。続く平田の二ゴロ併殺で同点とされた。勝ち越しは許さなかったが荒木、大島には3安打ずつを浴びた。

 香田投手コーチは「ストライクを欲しがるところがある。球数を使ってもいいから、そういう投球をしてくれれば」と課題を指摘。ワンランク上の投球術を求めた。ただ、要所で決め球にしたフォークは効果的。秋山は「しっかり反省して調整したい」と前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス