文字サイズ

阪神が一発攻勢で巨人倒す 上本が1号勝ち越し弾 北條が2発

お立ち台でポーズを決める阪神・北條史也(左)と上本博紀=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神4-3巨人」(9日、甲子園球場)

 3本塁打で全得点をたたき出した阪神が逆転勝ち。北條が先制ソロ、同点2ランと1試合2本塁打を放つと、八回に上本が1号ソロを放ち、勝ち越した。

 試合は二回に北條の一発で先制。七回にそれまで巨人打線を1安打無失点に抑えていた先発・能見がつかまり、立岡、坂本勇、阿部の3連打で同点。さらに代わった桑原が代打・亀井に2点適時二塁打を許し、逆転された。

 その裏、再び北條が2ランを放ち、追いつくと、八回先頭で打席に入った上本が、巨人2番手の森福から左越えに1号ソロを打ち込み、勝ち越し。九回はドリスが試合を締め、2セーブ目を挙げた。

 自身初の1試合2発となった北條は「これからも打ちまくってチームの勝利に貢献出来るように頑張ります」とアピールした。

 決勝弾の上本は「まさかという感じで自分でもびっくりしました。とりあえず塁に出ようと思ってびっくりしました。何が起こったのかわからない感じで…。試合が終わってホームラン打ったんだなと」とお立ち台で白い歯をのぞかせていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス