文字サイズ

阪神 掛布2軍監督が原口昇格の秘話を明かす

スポーツ店の特設会場でトークショーを行った阪神・掛布雅之2軍監督=THE SUPER SPORTS XEBIO東大阪菱江店(撮影・佐藤厚)
3枚

 阪神の掛布雅之2軍監督が21日、東大阪市の「スーパースポーツゼビオ・東大阪菱江店」で行われた美津和タイガートークショーに出演。約100人のファンが見守る中、昨季、育成選手から1軍へ昇格し、活躍した原口文仁捕手のエピソードを明かした。

 司会者から原口の話題を振られると「僕は外国人選手にファームの4番を任せるつもりはなかった。陽川が昇格して、じゃあ誰を4番にしようと考えたときに、育成選手だったけど原口しかいなかった」と語った。

 その理由として「彼は育成選手でチャンスも少なかった。例えば代打での1打席、そこで結果を出すために準備をしていた。4番が打たなくて負ける試合がある。そこでみんなが納得するのは、それだけ準備している原口だった」と説明。「彼は我慢強く、1人で黙々と準備できる素質がある。そしてあきらめない」と技術だけでなく、野球に取り組む姿勢を判断しての決断だったことを明かした。

 そして昨年の4月27日に支配下登録され、その日に1軍初出場を果たした原口。その後は最後まで1軍に定着した。「そのことに驚いた自分もいたし、原口ならやれて当たり前という自分もいた。正直、あの時は半々でしたね」とファームを預かる指揮官として、当時の心境を明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス