文字サイズ

北條“1号”城島級の豪快スイング披露

 「阪神2軍キャンプ」(2日、安芸)

 阪神のドラフト2位・北條史也内野手(18)=光星学院=が記念すべき“プロ1号”を放った。フリー打撃で初の柵越えを披露。昨年まで同じ背番号2を背負った城島健司氏(36)をほうふつとさせる豪快なスイングで、内角高めのボールを左越えに運んでみせた。

 初日は柵越えゼロだったが、緊張がほぐれて本領を発揮した。この日の9スイング目。内角高めボール気味に、クルリと体を回転させると、打球はそのままスタンドへ。21スイング目には同じコースを同様にさばいて推定120メートル弾。結局、96スイングですべて左翼に4発を放った。

 もっとも、本人は柵越えに気付いておらず「ホンマですか?見てないです」と照れ笑い。それでも「気持ちよく打てた。今日は緊張も取れて、自分のスイングができたかな」と自賛した。

 ツボを心得ている。内角を窮屈にならずにスタンドインさせたことには「体に近いボールは回転で打つイメージ。得意なコース」と話す。11年秋の明治神宮大会・神村学園戦で放った逆転満塁サヨナラ弾もボール気味の内角高めだったという。

 北條は城島氏について「メジャーでも活躍したすごい人。近づきたい?それはあります」と、あこがれを口にした。平田2軍監督も「少しでも追いつける選手になって欲しい。あれだけ振れるのは楽しみ」と期待する。名前にも偉大な先輩と同じ響きを持つ未来の主砲が、まずは“JOH弾”で存在をアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス