文字サイズ

十両唯一10代・阿武咲に白鵬ら太鼓判

 大相撲の札幌巡業に十両でただ一人参加している阿武咲(おうのしょう、19)=阿武松=が23日、横綱白鵬や尾車巡業部長(元大関琴風)から太鼓判を押された。

 地元・青森の巡業で帰京する予定が、急きょ札幌まで帯同。「チャンスだと思った。いつもと違う雰囲気でいい稽古ができた」という。

 夏巡業では、照ノ富士、稀勢の里、豪栄道の3大関に稽古をつけてもらった。昨年九州場所後、18歳5カ月で新十両に昇進した若手に、白鵬が「(夏巡業の)後半は阿武咲が頑張ってた」と言えば、尾車巡業部長も「遠藤も逸ノ城もおちおちしていられない」と評価するほどだ。

 阿武咲は「燃えますね。目指しているのはもっと上なんで」。新十両で150キロほどだった体重も約10キロ増えた。十両でただ1人の10代は秋場所より先の新入幕をにらんで夏巡業を締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      相撲最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(相撲)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス