文字サイズ

パパママ楽チンで子どもも楽しい!話題の“線路Tシャツ”を考案したイクメンに聞く

子どもも大人もうれしい。こんな発明を待っていた?(河本健さん提供)
1枚拡大

 ゆっくり休んで疲れを取りたい週末に限って、やつらはやってくる。まだ暗い早朝から、フルパワーで…。そんな世のパパママを救うかもしれないTシャツが話題を呼んでいる。注文は発売から1週間で400枚以上に上り、伸び続けているという。制作したのはITエンジニアの河本健さん。ヒットの裏にあったのは、4歳と0歳の子どもとの奮闘の日々だった。「インセンティブ作りをすれば、子供も遊べて私もダラダラできる気楽な子育てができるんじゃないか」と話す。

 Tシャツは「子供が勝手にマッサージしたくなる線路Tシャツ」。腰のあたりには「こし」駅。そこから背骨に沿って、タカラトミーの「プラレール」の幅の線路が2本描かれ、肩甲骨付近でそれぞれ「かたみぎ」駅と「かたひだり」駅に分かれる支線がある。「『せぼねちゅうおう』駅から『かたみぎ』駅へ急行お願いしまーす、とか言うと大喜びで肩甲骨周りをグリグリしてくれます」というコメントとともに商品画像をツイッターに投稿したところ、「素晴らしいアイデア」「それは思いつかなかった」と瞬く間に話題に。4歳の長男がTシャツの線路に電車を走らせる動画は117万回以上再生され、リツイートは5万件以上に上り、テレビ番組でも紹介された。

 共働きで「なるべく育児家事には均等に関わろうと思っています」と言う河本さん。週末は家族一緒に過ごすというが、どうしても疲れているときに子どもが遊びたいとねだってくるときや、仕事や趣味で制作をしているときなどは、「時間と体力の配分に悩む」と打ち明ける。Tシャツのアイデアが生まれたのはそんな2年ほど前のある日だったという。寝そべって仕事をしている河本さんの背中に、長男がプラレールをぐりぐりと走らせたところ「えっ、それ気持ちいい!」とびっくり。ITエンジニアならではの創作力ですぐに白いTシャツにマーカーで線路を描いた。今回販売したのはその改良版という。

 河本さんはさらに、Tシャツ内部に耐荷重4キロのベルトを仕込み、そこにボルダリング用の足場を取り付けた「勝手に上っておんぶの態勢になってくれるTシャツ」も制作。背中に乗せるために、一度かがんでヨイショっとする、あの恐怖のスクワットから解放される上に、外遊びのできない雨の日でも運動できるのでは-と期待が高まる。

 子育ての中で生まれたアイデアを次々に形にしている河本さん。「ものを作りたい私の欲求を満たしつつ、子どもに発明の考え方を教えたり、Tシャツを使うことで私の体力を回復させつつ子どもと遊んだりできるのが面白い」という。育児で倒れそうになるママや、どうかかわっていいか分からず戸惑うパパを救うのは、子どもに負けない大人の遊び心かもしれない。(神戸新聞・広畑千春)

▼子どもが勝手にマッサージしたくなるTシャツ(税込2700円) https://clubt.jp/sp/product/572796_80573174.html

▼写真や動画が掲載されている河本さんのツイッター https://twitter.com/kenkawakenkenke

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス