文字サイズ

話題の“断食健康法” 年末年始に注目度増の「ファスティング」って何?

「アンベリール」の“美魔女”オーナー・吉住亜希子さん
6枚6枚

 一流アスリートや芸能人が実践し、話題となっているファスティングは、年末年始にかけて一段と注目度が増すという。かつての「断食」から最近では「食べるダイエット」へ。そこで大阪・茨木にある人気の宿泊型施設「アンベリール」に“潜入”してみた。

  ◇  ◇

 メジャーリーガーのダルビッシュ有投手や芸能界でも市川海老蔵、高橋克典らが健康法として取り入れているファスティング。ここ数日に限っても、阪神・福留孝介外野手やDeNA・筒香嘉智外野手のニュースが話題となった。英語で断食や絶食を意味し、効能としてダイエットはもちろん、暴飲暴食によって疲れた内臓を休ませること、さらに五感が研ぎ澄まされたり、免疫力が高まるなどの利点が挙げられる。

 実際に、欧米諸国では「ファスティングをして治らない病気は何をしても治らない」といわれるとか。そこで関西トップクラスの人気を誇るダイエット施設「アンベリール」にアポを取り“超プチ体験”をさせてもらうことにした。

 アンベリールは「美しく生まれ変わる」という意味のフランス語。これには“美魔女”オーナー・吉住亜希子さんの願いが込められている。

 「ただ痩せるためではなく、健康と美を同時に手に入れるための施設を目指してます」

 2013年6月に女性専用の宿泊施設としてオープン。その後、男性からの問い合わせが増え、現在は男性OKとなっている…が、どうやら私が最初の体験者になったようだ。

 早速、施設内を見学。1階は日当たりのいい食堂があり、トレーニングルームにはエアロバイクが3台置かれ、ヨガもできる。洗濯機に乾燥機、トイレ、浴室は共用だが、防犯システムもしっかり設置されていた。

 各部屋は8畳ほどの広さで1、2階合わせて20室。1階にVIPルームが1室だけあり、居心地がいいホテルのようだ。トイレ、シャワー室もあるが「ファスティング中は貧血の心配もあるので、浴槽はありません」と細心の注意が払われる。

 コースは大きく分けて2つ。まずは吉住さんが過去のダイエット経験を元に考え抜いた「AKIKO式脂肪燃焼プログラム」6泊7日集中ダイエットが柱となっている。

 これは7日間のうち2日間、1日500グラムの脂身を取り除いた鶏肉を食べ、筋肉量を落とさず、基礎代謝を上げることで内臓脂肪を取り除くもの。目指すはマイナス5キロだ。料金は1人部屋だと9万円、2人部屋だと1人7万8000円。30泊コース1人36万円というのもある。

 もうひとつが「ファスティングプログラム」。こちらは酵素を含んだドリンクなどで最低限の栄養素を摂取しながら体をリセットしていくもの。2泊3日のお試しコース(1人2万5000円)から用意されている。

 脂肪燃焼コースは通勤や通学も可能。「男性は泊まれないので、こちらをお勧めします」とのことだった。今回のファスティング体験は少しかじっただけだったが、施設はきれいで食事も思った以上においしかった。これなら“断食”にも耐えられるかもしれない。

 目指すは高橋克典!?年末年始を控え、一度リセットするのも悪くない。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)

 ◇美ボディダイエットハウス「アンベリール」大阪府茨木市豊川4-21-15、電話072(640)0255、営業時間9時~21時

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス