文字サイズ

サッカー日本代表の隔離期間短縮にJ1神戸の三木谷会長「納得し難いが『マシ』」

 J1神戸の三木谷浩史会長(56)が17日、自身のツイッターを更新し、W杯カタール大会アジア最終予選に出場した日本代表の国内組に対して、政府から求められていた隔離期間が14日間から6日間に短縮されたことに一定の理解を示した。

 三木谷会長は自身のアカウント(@hmikitani)で「代表選手が一番感染リスクが低いと思うし、オミクロンの重症化リスクは相当低いことを考えると、科学的、論理的、法的根拠はなく納得し難いが、6日は14日よりは『マシ』ですね。」と投稿。加えて「厳しい対策を取れば、支持率も上がるのだろうけど、孤独化、経済などダメージは甚大だ。」(原文まま)と政府への苦言を呈した。

 当初は試合後14日間の隔離措置が義務付けられており、三木谷会長は12日に自身のツイッターで「頭おかしんじゃないの」(原文まま)などと政府の対応を痛烈に批判していた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス