文字サイズ

J1湘南 急逝のオリベイラ 死因は「急性うっ血性心不全」と発表

 J1湘南は24日、急逝したブラジル人MFオリベイラ選手について検視の結果、死因は急性うっ血性心不全だったと発表した。23歳だった。

 死亡推定時刻は23日午前0時頃。21日の練習まで参加していた。22日の練習はオフで23日の練習に姿を見せなかったことからクラブスタッフが自宅へ様子を見に行ったところ倒れているオリベイラ選手を発見した。

 クラブは27日の徳島戦で献花台を設置する予定という。

 オリベイラはブラジル出身。19年から九州サッカーリーグの宮崎(現・ヴェロスクロノス都農)でプレーし、20年1月に湘南へ完全移籍。FC大阪への期限付き移籍から同年、湘南に復帰していた。今季はリーグ戦では2試合、ルヴァン杯には8試合出場していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス