文字サイズ

主将の吉田麻也、責任と覚悟語る 予選敗退なら「すぱっとやめようと思っている」

 「W杯アジア最終予選、サウジアラビア1-0日本」(7日、ジッダ)

 日本代表の主将DF吉田麻也が痛恨の2敗目を喫したサウジアラビア戦の試合後、オンライン取材に応じた。

 試合終了後のピッチでのインタビューで吉田は「終わった時にジャッジしてもらえればいいと思う。その時に結果が出なければもちろん、協会、監督、選手も責任を取る覚悟はできている。終わってから判断してもらえれば」と話した。

 この発言の意味するところを問われると「万が一、予選敗退してしまって、活動が終わってしまうと入れ替わる。自分自身もそこが区切りになる。ふがいない結果になればすぱっとやめようと思っている」と言い切った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス