文字サイズ

C大阪MF坂元は「けがをしている状況」小菊監督が説明 ACL浦項戦でベンチ外

 浦項に敗れ、サポーターにあいさつに向かう乾(手前)らC大阪イレブン=ヨドコウ
 浦項に敗れうなだれるC大阪・大久保(手前)ら=ヨドコウ
 前半、先制許したGK金鎮鉉(左から3人目)らC大阪イレブン=ヨドコウ
3枚

 「ACL・決勝トーナメント1回戦、C大阪0-1浦項」(15日、ヨドコウ桜スタジアム)

 3年ぶり4度目のACL挑戦のC大阪は浦項(韓国)に完封負けし、ホーム開催のアドバンテージを生かせずベスト16で敗退した。前半25分にCKからFW李升模に先制を許し、日韓対決に屈した。

 C大阪は11日の札幌戦(ヨドコウ)から攻撃的ポジションの4選手のうち、MF乾を除く3選手がスタメン変更となった。FW加藤と松田はベンチスタート、MF坂元はベンチ外となった。

 試合後、小菊監督は坂元が負傷していることを明かした。「坂元に関してはけがをしている状況。今、次のリーグ戦に向けてトレーナー陣でケアしてくれている状況ですので一日でも早く復帰してくれることを願っています」と説明。次戦・浦和戦(18日・埼玉)での復帰を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス