文字サイズ

なでしこジャパン 新国立で男女通じ初の代表戦 高倉監督「恥ずかしい試合できない」

 パナマ戦に向けイレブンに指示を出すなでしこジャパン・高倉麻子監督(撮影・金田祐二)
 チームに合流したなでしこジャパン・長谷川唯(撮影・金田祐二)
 パナマ戦意向け調整するなでしこジャパン・籾木結花(中)=撮影・金田祐二
3枚

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は10日、国際親善試合パナマ戦(11日、国立)に向けて、試合会場で冒頭を除く非公開で最終調整を行い、所属チームの事情で9日に合流したMF長谷川唯(24)=ACミラン=も全体練習に参加した。

 2019年11月に完成した“新国立”では男女通じて初めての代表戦で、東京五輪では女子決勝の舞台となる。オンラインでの前日会見に臨んだ高倉麻子監督(52)は「(決勝で)ここに戻って来たいと強く思った。一番に国立競技場で試合をできるのはすごく名誉なこと。先頭を切ってやるからには恥ずかしい試合はできない。歴史を刻む上でも心に残るゲームを、心を込めて全力で戦いたい」と決意を新たにした。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングでは日本が10位、パナマは59位となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス