文字サイズ

G大阪で選手4人、スタッフ1人がコロナ陽性 名古屋戦開催可否は協議中

 J1G大阪は3日、トップチーム選手4人、スタッフ1人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。同日午後7時開始予定の名古屋戦(豊田ス)の開催可否については、Jリーグおよび名古屋と現在協議中。

 陽性判定を受けた5人のうちの1人である選手Aは2日の朝から発熱を伴う症状があり、同日、PCR検査を実施。同夕方に陽性判定を受けた。現在は自宅で静養し、体調回復に努めている。

 チームは2日の練習後に2台のバスに分かれて名古屋市内のホテルに移動しており、選手Aの陽性判定を受け、遠征に帯同している選手、チームスタッフにPCR検査を実施。3日未明に選手2人、スタッフ1人が陽性判定を受けた。また、遠征に帯同していない選手、スタッフも3日にPCR検査を実施。その結果、選手1人が陽性判定を受けた。

 新たに陽性判定を受けた4人は現在、発熱や体調不良などの症状はなく、隔離、療養している。

 クラブは濃厚接触者の判定など、保健所の指導に沿って適宜対応していくとした。

 また、クラブで管理する行動履歴および、Jリーグ独自の基準により濃厚接触疑いとする選手1人、スタッフ1人も隔離(無症状)した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス