文字サイズ

サウサンプトン・南野が技あり先制ゴール!移籍後3戦2発 チーム連敗ストップに貢献

 「イングランド・プレミアリーグ、サウサンプトン1-1チェルシー」(20日、サウサンプトン)

 イングランド・プレミアリーグでサウサンプトンの南野拓実(26)はチェルシー戦の前半33分に先制点を決めた。移籍加入後2ゴール目で今季リーグ通算3得点。後半31分まで出場し、チームは1-1で引き分けた。

 ワンチャンスを生かした。防戦一方の前半33分、南野が技ありの先制ゴールを決めた。縦パスで中央から抜け出すと、背後から追うDFと前から迫るGKのタイミングを絶妙なフェイントで外し、右足アウトサイドで流し込んだ。

 3試合連続で左の攻撃的MFで先発。序盤からパスもドリブルも奪われる低調なプレーが続いたが、最初の好機で冷静さが際立った。これで加入後3試合2得点。ミスを決定力で補い、ハーゼンヒュットル監督は「スロースタートだったが、タキ(南野)らしいゴールだ」と評した。

 アシストしたレドモンドが「プレーだけでなく人間的にも素晴らしい」と語るように、短期間で周囲との信頼関係も構築。指揮官は「まだ学ぶべきことはある」と南野への注文を忘れないが、価値あるゴールで連敗ストップに大貢献した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス