文字サイズ

脳振とう交代枠の追加を試験導入 日本サッカー協会

 日本サッカー協会は21日、オンラインで理事会を開き、脳振とうによる交代枠の追加を今季のJリーグとWEリーグで試験的に導入することを決めた。

 国際サッカー評議会(IFAB)からは脳振とうによる交代について「各チーム最大1人」か「各チーム最大2人」の2案が示され、どちらか一方を選択し、IFABと国際サッカー連盟への申請を経て導入される。

 日本協会の須原専務理事は「施策の一番重要なポイントは選手の安全」と語り、今後はJリーグなどと協議を重ね、2案から採用する案を決定する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス