文字サイズ

久保建英がビリャレアル退団へ 移籍先ヘタフェ最有力

 サッカーの日本代表MF久保建英(19)が、スペイン1部ビリャレアルを退団することが2日、関係者の話で分かった。今季加入したばかりだが、出番を減らしていた。移籍先は同1部ヘタフェが最有力で、詰めの交渉が行われている。

 久保建は2019年夏にレアル・マドリードに入団。将来の戦力として見込むクラブの方針により、スペイン国内で期限付き移籍しながら力を磨いている。昨季はマジョルカ(現2部)で活躍して強豪ビリャレアルへ飛躍したが、エメリ監督の構想から外れた。

 ヘタフェは柴崎岳(現レガネス)も所属していた中堅クラブ。Rマドリードとは友好関係にあり、若手選手の期限付き移籍先として選ばれることも多い。

 バルセロナの下部組織で育った久保建はJ1のFC東京などを経てスペインに挑戦した。日本代表では史上2番目に若い18歳5日でデビューし、ここまで11試合に出場。原則24歳以下で戦う今夏の東京五輪の主力としても期待されている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス